色んなサービスの口コミ評価や評判取材ブログ

このサイトの説明

このブログでは色々な失敗談を参考に、様々なサービスの口コミ評価や評判などを調べていくブログです。

カテゴリー一覧

色んなサービスの口コミ評価や評判取材ブログTopへ >  ひどい失敗例に学んで悪徳矯正歯科に注意しよう

このカテゴリーの概要

歯列矯正治療は、手抜きの矯正歯科に当たるとひどい失敗例になってしまいます。顎関節症を発症して、様々な慢性症状に苦しむことも多いです。失敗の体験談をよく聞いて、良い矯正歯科を選ぶためにやってはいけないことを知りましょう。


スポンサードリンク

『ひどい失敗例に学んで悪徳矯正歯科に注意しよう』カテゴリーに属する記事のリスト

失敗症例にならないために歯列矯正をするときに伝えるべき条件例


失敗症例にならないために歯列矯正をするときに伝えるべき条件例 ・口呼吸を治したい...

歯列矯正の失敗症例についてちょっとコメント


「歯列矯正 失敗 症例」と検索して訪問される方が増えていますね。直近の一ヶ月だけ...

患者のせいか?歯列矯正の失敗症例(後戻り)


矯正歯科が無理に歯を並べようとしたせいで後戻りすることがよくあります。しかし、歯...

歯列矯正の失敗症例になることを防ごう


「歯列矯正に失敗した症例の恐怖」という記事を以前書きましたが、最近人気になってい...

歯列矯正の失敗は患者が防ぐ


歯列矯正の失敗は患者側から、かなり防ぐことができます。金儲け主義の矯正歯科は、「...

歯列矯正に失敗した症例の恐怖


歯列矯正で失敗した人の苦しみようは尋常じゃないですね。特にインターネットに掲載す...

歯の矯正の失敗例にならないために


歯の矯正の失敗例でも、医者に基本的な技術自体がかけているケースは珍しいです。「疲...

ボムキャンセルとMixiマーベルツムツムとチェーン数


●Mixiマーベルツムツムのボムキャンセルの口コミ評判(感想) チェーン特有の炎...


スポンサードリンク

『ひどい失敗例に学んで悪徳矯正歯科に注意しよう』カテゴリー最新記事

失敗症例にならないために歯列矯正をするときに伝えるべき条件例

・口呼吸を治したい
・噛み合わせをよくしたい
・イーラインを綺麗にしたい(口元をひっこめたい)
・抜歯しても良い

4本も健康な歯を抜歯するのは痛いかもしれませんが、「早く綺麗に並べるためなら、4番の小臼歯を抜歯しても良い」と考えたほうが歯列矯正の成功確率は上がります。無理に狭い歯列に並べようとする失敗症例が多いですからね。

失敗症例になることを防ぐためには、現実的な提案をすることが大切です。急いで治療しようとすると公開しますよ。確実に綺麗に並べる方法で早いなら、それはいいことです。無理にはやめようとすると余計に時間がかかったり、前歯が出たりします。

日本人の歯列は一般的に狭いので、抜歯矯正をおすすめしますよ。場合によっては、非抜歯でも十分です。抜歯をしたせいで口元をひっこめすぎて、見た目に違和感を感じる、という失敗症例もあるのでバランスが大切です。


「歯列矯正 失敗 症例」と検索して訪問される方が増えていますね。直近の一ヶ月だけでも154名の方が、「歯列矯正 失敗 症例」と検索して当ブログにたどり着いているようです。残念ながら実際の「歯列矯正 失敗 症例」のデータは公開できていません。

というより、ネット上に「歯列矯正 失敗 症例」のデータはありませんね。よそでの「歯列矯正 失敗 症例」ならばいくつか見受けられますが、誰がなぜ失敗したのかは明確になりませんね。

ただ、歯列矯正について調べていくと、矯正の専門医であれば、無理な治療をしない限り、深刻な失敗症例は生じないとわかります。ただ、矯正歯科によって技量の差があるのもわかるので、矯正歯科を決めきるのは難しいですね。

人によって望む条件が異なるので、それに対応してくれる矯正歯科を探すのが大切です。ただ、気をつけるべきなのは、患者不足のせいで患者の無理な要求に無理やり応えようとする矯正歯科があることです。

そういう矯正歯科の中には、経営のことを考えているのではなく、「お願いされたら断れない」という「お人好し」の性格が問題の場合もあります。お人好しの矯正歯科が悪徳だとは思えないので、後々大きな問題になりかねないですね。

お人好しの矯正歯科だと失敗症例になってしまっても文句が言い難いですね。お人好しの人は無責任な人が多いので、低めの姿勢でのらりくらりと責任を回避されることに困っている人もいるようです。


矯正歯科が無理に歯を並べようとしたせいで後戻りすることがよくあります。しかし、歯列矯正の後の後戻りには患者側の失敗による症例もあります。一番多いのはリテーナーのしように失敗する症例です。

リテーナーの装着期間は、個人差がありますが、数年間と長いので、しっかりできない人も多いのです。リテーナーの管理に失敗してなくしてしまったことで後戻りが深刻になった症例の話もよく聞きます。

かく言う私も一度レストランにリテーナーを置き忘れ、捨てられてしまい、なくしてしまいそうになりました。何度も従業員に確認し続けたおかげで店長さんが出てきて、見つけてくれましたが、それがなければ今頃完全に後戻りが進んでいたと思います。

後戻りが起きる危険性やリテーナーの紛失の危険性はしっかりとした矯正歯科ならば、説明してくれるので、多くの場合でこの問題は防ぐことができます。

また、頬杖をつくなど生活習慣の悪さから、後戻りが起きることもあります。口や舌の周辺の筋肉をしっかり鍛えなかったことが原因の後戻りもあります。さらに、舌で歯を押す癖があれば、出っ歯に後戻りしてしまいます。

歯列矯正の失敗症例になるのは患者の責任も大きいです。矯正歯科がミスをするのも患者が無茶な要求をしたり、非協力的すぎて呆れて手を抜いた時です。

歯列矯正の失敗症例にならないように、今日も一生懸命情報収集をしましょうね!


「歯列矯正に失敗した症例の恐怖」という記事を以前書きましたが、最近人気になっているようです。自分の矯正歯科の「歯列矯正に失敗した症例」を詳細に公開してくれる矯正歯科はないので、検索して調べたい、という需要はよくわかります。実際に他の矯正歯科を経由してきた患者の失敗症例を細かく紹介している矯正歯科がいくつかありますね。

他の矯正歯科で行った歯列矯正の失敗症例を公開することで、自分の矯正歯科の治療レベルの高さをアピールしているのです。それが本当ならば素晴らしいことですが、素人から見ると、本当にそこまですごい治療技術があるのかはよくわかりませんね。

ただ素人にはわからない、といっても、多くの矯正歯科の広告やホームページを見続けていると優れた矯正歯科の特等がすこしずつわかってきます。歯列矯正の失敗の症例と比較すると具体的にどの矯正歯科で歯列矯正に失敗したのかがわかります。

口コミ評判の情報と矯正歯科のホームページを比較することでも実態がよくわかるので、歯列矯正の失敗症例になることを防ぐことができます。

地道に歯列矯正の情報を調べ続けることが失敗症例になることを防ぐ一番の方法です。具体的にどの矯正歯科で治療するのが良いかを聞いてくる人がいますが、私達が期待に応えられるとは限りません。

実際に良い矯正歯科と悪い矯正歯科をある程度は知っていますが、良い矯正歯科に失敗症例が全くないわけではありませんし、悪い矯正歯科での失敗症例もそこまで多いわけではありません。

歯並びには個人差があり、歯列矯正の治療技術にも個人差があります。そのマッチングも歯列矯正の失敗症例になることを防ぐためには非常に大切なポイントなのです。

また、細かく矯正歯科と歯列矯正のことを調べた後でないと、失敗症例になることを不安に思う気持ちは消えません。知識がないと先生の治療がほんとうに自分に最適化どうか悩み続けてしまうのですね。

知識が増えれば増えるほど、治療後の行動も正しくなるので、失敗症例になることを防ぐ効果があります。歯列矯正の成功には患者側の協力も非常に大切なのです。

多少時間をかけてでも歯列矯正の実態を学んで失敗症例になることを防いでくださいね。このブログにはたくさんの情報が掲載されています。リアルな情報です。

また、様々な矯正歯科の広告も乗っているので、情報収集には最適ですね。


歯列矯正の失敗は患者側から、かなり防ぐことができます。金儲け主義の矯正歯科は、「非現実的なほど美味しい話」をしてきます。「必ず歯を抜かない、非抜歯矯正を保証します」「ほとんど痛みがなく歯列矯正ができます」「うちの歯列矯正だと後戻りはしません」など極端なことを言えば、多少調査すれば詐欺的な矯正歯科であることがわかります。こういった矯正歯科を避けるのが歯列矯正の失敗を避ける第一歩ですね。

次に気をつけるべきなのは、「出来る限り歯を抜かない、非抜歯矯正を行います」といった患者の気持ちを考えている矯正歯科に無理なお願いをすることです。本当は、「歯を抜かない、非抜歯矯正だと歯列矯正は失敗する可能性が高いな…」と思っていても、患者が「歯を抜かない、非抜歯矯正でないと歯列矯正はしません」といえば、無理をしてでも「わかりました。歯を抜かない、非抜歯矯正でやってみましょう!」といってしまう矯正歯科もあると思います。お金儲け主義の矯正歯科もそうですが、患者思いの矯正歯科も無理して挑戦する可能性があるのです。

歯の大きさと顎のサイズで、非抜歯矯正ができるかどうかが決まります。歯を削ることで多少、非抜歯矯正の成功率を高めることはできますが、限度があります。無理に非抜歯矯正をしようとすると、「後戻りしやすくなる」「出っ歯勝ちになる」などの失敗を引き起こす確率が高くなります。治療期間が短すぎる治療も失敗の可能性が高いです。体質によっては自然と早く歯列矯正出来る場合もありますが、無理に動かそうとすると痛みが強くなったり、歯根吸収が起きてしまったりします。

*歯根吸収というのは、歯を歯茎に変えてしまうようなことだと理解してください。歯がかなりもろくなりますから、歯列矯正の失敗の中でもかなり深刻な症例と言えるでしょう。



 >  『ひどい失敗例に学んで悪徳矯正歯科に注意しよう』ページトップへ
『色んなサービスの口コミ評価や評判取材ブログ』のサイトトップへ