色んなサービスの口コミ評価や評判取材ブログ

ブログ内検索


『失敗しない歯の矯正ブログ』の新着記事5つ

« 2008年07月 | 色んなサービスの口コミ評価や評判取材ブログTop2008年09月 »


スポンサードリンク

色んなサービスの口コミ評価や評判取材ブログ

このブログでは色々な失敗談を参考に、様々なサービスの口コミ評価や評判などを調べていくブログです。

最新記事【2008年08月16日】

●日本最高レベルの健康的な噛み合わせを作れる矯正歯科。
左右均等で、深すぎず浅すぎず、咀嚼力がアップする噛み合わせ。

●日本最高レベルの美容的に優れた噛み合わせを作れる矯正歯科。
イーラインを美しく。
顔の形の変化も美しくなるように計算・計画を立ててくれること。軟組織にもよく理解がある。

●叢生の歯列矯正治療を得意としている矯正歯科。
インプラント矯正などにより叢生の歯列矯正の非抜歯治療の可能性を高めてくれる。
クリアライナーなどのマウスピース矯正を得意としており、すぐれた歯科技工士と提携している。

●21歳男の歯列矯正治療を得意としている矯正歯科。

●堂々と歯列矯正治療の内容を公開できるほど、自信を持てる最先端の治療計画を実践できること。
短い期間で、持続性のある、健康的にも美容面的にも優れた噛み合わせを作ることができる。
計画書や診断データをもらって、ほかの矯正歯科にセカンドオピニオンをもらいに行く。

●患者の意見を良く聞き、意見をただすことも、意見を受け入れることもできること。
患者の情報をしっかり聞いて歯列矯正をうまく進めるためのコツをわかりやすく教えてくれる。
細かい質問にも専門的な知識でわかりやすく回答してくれる。

●限られた時間で少しでも多く歯列矯正治療を成功させるための情報をたくさん交換できる。
意味のない雑談ではなくて、治療に役に立つ生活習慣の情報を聞き出すことによってお互いの信頼関係を作る。
治療に関する夢のある情報を伝えることによって、治療に対するモチベーションを高める。
個別のニーズを引き出す適切な質問をする。矯正医とお互いに強く要求しあう関係を作る。

●院長が信頼できる人間である。
患者の不安に共感して解決方法を教えてくれる。
患者の不安が発生する前に先に解決している。
または予言しておいて不安が生じてもかなり安心できるようにする。
好感を覚える言葉遣いをしている。
医師のことが嫌いになると歯列矯正に対して億劫になるから医師が好きになることは大切。
最近どういう勉強をしているかを質問したら、魅力的な回答をしてくれる。

●真剣に取り組んだ症例数が多い。特に自分と同じまたは近い歯列矯正治療の症例数が多い。
自分の治療法の限界をよく知っている。経験豊富な人ほど限界をよく知っています。特殊な患者を治療することもあるからです。
自分では治療できないときは、無理やりごまかさず他の専門機関を紹介してくれる。

●病院のホームページには、誇大広告的な表現が使われていることもあります。
看板に比べて法的な制約がゆるいからです。
誇大広告で示されたメリットに対する質問に具体的に答えてくれる。

●歯列矯正患者と矯正歯科の間で誓約書を作る。
今までにないほど優れた仕組みで治療を行うために。
いい歯医者を見つけたら、具体的にお礼を言って、良い関係を築きましょう。
予定通り行かなくても文句は言わず、むしろ積極的に協力することを理解して何でも正直に教える。
患者にできる協力は遠慮せずに言う。意識の高い患者でないとできないことも含めて。

●本当に大切な情報はいつでもチェックできるように文章にしておく。
メールやホームページなどで文章にして伝える。
矯正歯科も歯列矯正患者も時間をしっかり守る。
抜歯後の食べ物について、歯列矯正中の食べ物について、歯列矯正中の生き方について。

●矯正歯科分析の手法
表面から見えるすべての行動・環境を分析する。
認定医をとるまでの期間、とった時の年齢から性格を予測する。
学歴から予測する。立地から経営方針を予測する。
知り合いの医師の裏情報から判断すると。
論文の内容から判断すると。
歯列矯正に携わってからの人生について聞いてみる。

●矯正歯科の理念がわかりやすく、真実味があり、魅力があり、毎日実践されている。
●すべての治療を最高水準の技術で行っていると説明できる。
技術にムラがなく、多くの人が満足している。
二流と一流のほんのわずかなさを大切にする。細部まで手を抜かない。
●噛み合わせも正して顎関節症の原因を除去する。
噛み合わせ。虫歯。PMTC等の予防歯科。他の医院の紹介システムが整っている。抜歯をまとめて行えるところ。
●リテーナー使用の重要性をしっかり伝えてくれる。
リテーナーをしっかり使用するモチベーションとなる。
●歯列矯正の計画性
患者が最適な選択をできるように選択肢と選択の結果どのような成果が得られるのかを適切に教えてくれる。
歯列矯正の進行過程をほぼ完全に予測して、治療計画を示すことができる。
治療方法についてよく説明してくれること。治療計画を立ててもらい、それらを比べる。
リスクについても説明してくれる。
歯列矯正治療の段階ごとにどの歯にどの方向に力を何gくらいかけていてどれくらいの期間でどれだけ動く予定なのか、
を明記した紙を渡してくれる。
ここを明確にすることにより自分が無意識に歯列矯正を妨害する力を与えていることがわかり改善できる。
(日常生活や寝ている時の噛み締め、うつぶせによる3~5番の唇側傾斜など)
●矯正歯科のシステム
助手や歯科衛生士が医師数より多すぎない。専門医が必要な部分は必ず専門医が担当する。
院内は利益のための広告だらけではなく、患者に必要な情報を伝えることを重視している。
●矯正歯科の安心感
患者を安心させるために実際にどんな対策を取っているかをわかりやすく説明している。
院内感染を防ぐ措置をとっている。
消毒、滅菌を徹底して行う。患者ごとに手袋を変える。
個人情報をしっかり守る。プライバシーを気遣ってくれる。

ホームページや論文で使うために優れた治療を割引料金で行ってくれる。


このサイトの説明

このブログでは色々な失敗談を参考に、様々なサービスの口コミ評価や評判などを調べていくブログです。

カテゴリー一覧